「自閉症を持った児童への活動や行動を広げるためのアプローチ」と題した講演会が10日午後6時半、佐賀市大和町の雅音ホールで開かれる。アメリカで情緒障害や自閉症を持つ児童を教育する教諭や保護者らを指導する池田実さん(57)=佐賀市出身=が、アメリカでの療育や教育現場の実情を語る。

 池田さんはアメリカのウィスコンシン州立大やマサチューセッツ大で情緒障害や自閉症の行動分析について学び、今もウィスコンシン州で自閉症と情緒障害の専任教師を務める。企画した放課後等デイサービス「こどもひろば」の井手直美さんは「他国の実情を知ることが新たな展開につながれば」と話す。

 参加費は千円で、学生無料。申し込み、問い合わせは井手さん、電話080(5251)3266。

このエントリーをはてなブックマークに追加