■鹿島市

 鹿島市は1日、8日に開会する定例議会に提案する一般会計補正予算など14議案、報告5件を発表した。補正額は2億7331万円を追加し、補正後の総額は前年同期比5・5%減の133億5082万7千円。

 主な事業は、市内観光地の拠点整備推進として道の駅鹿島整備事業に1800万円、7月の九州豪雨による流木の撤去などに伴う漁港海岸漂着ごみ緊急対策事業に1500万円、ラッピングバス事業に150万円を計上した。

■吉野ケ里町

 吉野ケ里町は1日、4日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算など16議案、報告1件、諮問2件を発表した。9690万2千円を追加し、補正後の総額は80億2908万6千円。

 主な歳出は東脊振小学校体育館のつり天井改修工事やトイレ洋式化などの小学校管理費に4954万円。

■白石町

 白石町は1日、3億6171万円を追加し総額を前年同期比10・7%増の144億7690万円とする一般会計補正予算案や、来年度からの有明ふたば保育園完全民営化に伴う条例改正案など17議案と報告5件を発表した。5日開会予定の定例議会に提案する。

 主な事業は、老朽化している鳥ノ巣地区の元農業用ため池を補修し砂防えん堤にする整備費に2200万円、技能実習生など町内に増えている外国人向けの日本語教室を町民と協働で開催する費用17万円など。ふるさと納税を推進する事業費は、寄付に占める返礼品購入費の割合を見直したことに伴い、560万円減額した。

このエントリーをはてなブックマークに追加