8、9日に博多駅前広場で開く「唐津バルシェ」のポスター

 唐津商工会議所は8、9日、福岡都市圏の消費者・企業に唐津エリアのおいしい商品をPRする「唐津バルシェ」を福岡市のJR博多駅前広場で開く。同会議所が主体となって会員企業などの商品を市外でPRするのは初めてで、11月には販路拡大を目指して商談会も開く。

 昨年度の国の補正予算「小規模事業者広域型販路開拓支援パッケージ事業」に採択され、市や唐津東商工会、唐津上場商工会と連携して開催。30社が出展する。

 バルシェは、「バル」と「マルシェ」を組み合わせた造語で、午前11時から午後9時(ラストオーダー同8時)まで。日本酒やサイダー、果実酢飲料などのドリンク、呼子イカや佐賀牛を使った食品や唐津バーガーなどをその場で楽しめ、スイーツも購入できる。同会議所は「地元出身者には“プチ同窓会”をここで開いていだだければ」と話している。

 10月には東京・築地のレストランで1週間の唐津フェアも予定。両イベントを通して飲食店などとつながりを持ち、11月に唐津市で商談会を開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加