陸上女子400メートルリレー準決勝 佐賀北の3走白石実里(右)からバトンを受けてダッシュするアンカー皆良田はるか=岡山市のシティライトスタジアム

=焦点= バトン乱れ決勝あと一歩

 激戦の陸上女子400メートルリレー準決勝。前日の予選でベストの46秒91をマークした佐賀北は、46秒50台に狙いを定めリスク覚悟で時間短縮に挑んだ。しかし、バトンがうまくかみ合わず47秒31の6位で終了。メンバーはそろって涙を流した。

 ただ、アンカーの皆良田はるかは「結果は残念だけど、積極的にやった上での失敗。後悔はない」と言い切った。

 6月の北九州地区予選会では、昨年まで3連覇した同種目で3位となり悔しい思いをした4人。プレッシャーから慎重なレースで守りに入っていたことを反省し、攻めの姿勢を貫く決意を新たにした。その後、福岡大陸上部との合同練習で45秒台後半の大学生チームを相手に互角のレースを経験、自信も得た。

 こうして臨んだ大会を第1走者の樋口弘華は「気持ちを入れ直すことができ、インターハイを楽しむことで予選でベストを出せた」と総括。松永成旦監督も「チャレンジする姿勢に変わり、予選で格上に勝てた」とチームの成長をたたえる。31日以降も200メートルや1600メートルリレーを控えるメンバー。「北高らしく」楽しみながら攻めの走りを貫くつもりだ。

=成績= 女子400障害 今村(鹿島)準決勝へ

(岡山・シティライトスタジアム)

 【男子】

 ▽100メートル予選

 「4組」(7)園田拓海(佐賀工)10秒99=落選

 「7組」(8)中村玲雄(佐賀工)11秒14=落選

 【女子】

 ▽100メートル予選

 「4組」(6)本山智菜(唐津東)12秒49=落選

 ▽400メートル障害予選

 「8組」(2)今村莉花(鹿島)1分0秒85=準決勝進出

 ▽400メートルリレー準決勝

 「1組」(6)佐賀北(樋口、古川、白石、皆良田)47秒31=落選

 ▽走り高跳び予選

 「2組」中村明日香(龍谷)=記録なし

=2016 高校総体 中国総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加