■唯一の市立幼稚園

 武雄市は4日開会の9月定例市議会に、市立北方幼稚園を本年度で閉園する議案を提案する。園児の減少が理由で、可決されれば、唯一の市立の幼稚園が閉園になる。

 市教委によると、現在の同園の園児数は5歳児11人、4歳児1人。5歳児が卒園すると園児が1人になることや、保育所の入所希望が増え、幼稚園の入園者の増加が見込めないため、閉園する方針を決めた。

 北方幼稚園は1970年に北方町立東幼稚園として開園し、86年に現在地に移転して北方幼稚園に改称した。園児数は87年の113人をピークに減少し、2008年に30人台、13年に20人台、12年に10人台になった。

 市立の保育所は、2014年4月の武雄保育所の民間委譲で民営化を終えている。私立の幼稚園は3、保育所は10、認定子ども園は6園ある。

このエントリーをはてなブックマークに追加