強豪相手に守り切った守備陣が、両手を高々と突き上げた。最後まで高い集中を維持した鳥栖は、試合巧者の鹿島を零封。DF藤田は「体を張ることが鳥栖のベース。体も頭も使って守り切れた」と胸を張った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加