ヒマワリを摘み取る来場者=佐賀市兵庫町のひょうたん島公園西側

 佐賀市兵庫町のひょうたん島公園周辺で30日、「ひまわりまつり」が始まった。畑に咲き誇る約26万本のヒマワリは持ち帰ることもでき、多くの来場者でにぎわった。31日まで。

 公園西側の畑1・2ヘクタールには、夏の日差しを受けて大人の背丈まで伸びたヒマワリがずらり。「わーきれい」といった声があちこちで上がっていた。会場では剪定(せんてい)ばさみを無料で貸し出しており、親子連れやカップルが写真を撮りながら“ヒマワリ狩り”を堪能した。

 佐賀市の看護師小野利沙さん(28)は「7月に入ってからずっと子どもたちと楽しみにしていました」と話し、3人の子どもから「ママ、プレゼント」と花を受け取ると、笑顔を見せていた。

 この日は軽トラック市も開かれ、地元農家ら6団体がじゃがいもやタマネギなどを販売した。

このエントリーをはてなブックマークに追加