高木陽介経済産業副大臣(左)に原発再稼働容認の決議文を手渡す中倉政義県議会議長=東京・霞が関の経産省

 佐賀県議会の中倉政義議長は14日、経済産業省や原子力規制庁など国の関係省庁を訪れ、前日可決した九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働を容認する決議文を大臣らに手渡した。

 決議は国に対し、再稼働判断について前面に立って理解を得るよう取り組むことや避難計画の充実、使用済み核燃料の対策、立地地域への振興などの要請事項が含まれている。中倉議長は「大事な内容なので直接手渡しすべきと考えた」と述べた。

 この日は、内閣府の山本公一原子力防災担当相、安井正也原子力規制庁長官、高木陽介経済産業副大臣と面会した。経産省では高木副大臣が決議に関し、「感謝申し上げる。県議会の理解を得た意義は大きく、国としてもしっかり受け止める」と語り、国へ要請した5項目のいずれも「頑張ります」と強調した。

 決議文は前日に山口祥義知事、九州電力に提出しており、国の関係省庁3カ所と合わせ、計5カ所に提出したことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加