自宅で亡くなる「在宅死」の割合に地域差があることが明らかになった。このほど数値を公表した厚生労働省は、在宅医療の受けやすさなどが影響したとみて、自宅での「看(み)取り」ができるよう環境整備を進める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加