【巡回車】2日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター(予約制)、伊万里市・市民センター▽8時45分=唐津市・相知町保健センター(予約制)

 ◆子宮がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽10時=伊万里市・市民センター

 ◆乳がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター(予約制)▽9時=伊万里市・市民センター(予約制)

 ◆献血車 9~16時半=佐賀市・県警察本部

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【イベント】

 ◆祐徳夏まつり

 (1日、鹿島市の祐徳門前商店街で)名物の「コイつかみ」が14時から近くの川であり、商店街で買い物や食事をした際にもらえるチケットで参加できる。つかんだコイは、商店街の食堂で調理してもらえる(500円)。ほか、園児による和太鼓の演奏など。問い合わせはYOU-TOKU庵、電話080(1532)3240。

【展覧会】

 ◆芸術デザイン基礎・地域デザイン基礎 成果発表展

 (10日まで、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)芸術地域デザイン学部1年が、必修科目「芸術デザイン基礎」および「地域デザイン基礎」で制作した作品や、活動内容を発表する。問い合わせは同学部の井川さん、電話0952(28)8343。

 ◆第55回日本現代工芸美術展 佐賀有田巡回展

 (7日まで、有田町戸杓乙の県立九州陶磁文化館)工芸美を追究し、新たな工芸分野を開拓する現代工芸美術家協会による本展を、有田焼創業400年を記念して佐賀で開催。陶磁や金属、染織、漆、人形など、本展作品72点と九州の作家による作品46点の計118点。問い合わせは事務局の馬場さん、電話0955(42)3306。

 ◆テーマ展「小城祇園祭」

 (28日まで、小城市小城町の市立歴史資料館)昭和初期に山鉾を写した写真や、祇園祭での取り決めを記した書物、現在の祇園祭の様子など、今年700周年を迎えた歴史ある祭に関する資料を展示。電話0952(71)1132。

 ◆夏の企画展「小城の戦時資料展」

 (9月4日まで、小城市小城町の市立歴史資料館)小城市内に残る太平洋戦争関係の戦時資料を展示し、小城の人々がどのように戦争と関わっていたかを考察する。大尉町葬の様子を写した写真や、陸軍士官学校の卒業証書、千人針など。13、27、28日は文化課職員による展示案内も。電話0952(71)1132。

 ◆「蒸気船を修理する施設」展

 (9月4日まで、佐賀市川副町の佐野常民記念館)「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」世界文化遺産登録1周年記念として開催。三重津海軍所跡乾船渠、小菅修船場後船架、三菱長崎造船所第三船渠など、近代に造られた修船施設に関する資料を約40点。大人300円、小中高生100円。電話0952(34)9455。

【講演会】

 ◆県立博物館・美術館セミナー「夏の星空散歩と天体観望会」

 (5日18時半、佐賀市西与賀町の星空学習館)同館の丹野佳代子学芸員と佐賀天文協会の副島勉さんが、第1部(講義)と第2部(観察)に分けてセミナーを開催。講義では夏の星座の探し方と惑星の話をし、観察会では水星、金星、火星、木星、土星の5惑星と夏の星座を見る。荒天の場合は第1部のみ実施。筆記用具持参。定員なし、事前申し込み不要。受講無料。電話0952(24)3947。

 ◆県立博物館・美術館セミナー「江戸・明治 佐賀名物考-工芸品から海産物まで-」

 (20日13時半、佐賀市城内の県立美術館2階画廊)同館の宇治章学芸員が、唐津焼や伊万里焼、鍋島更紗などの工芸品から、ムツゴロウやカキなどの海産物まで、江戸~明治期の佐賀の名産品を紹介・解説する。定員なし、事前申し込み不要。受講無料。電話0952(24)3947。

このエントリーをはてなブックマークに追加