首相官邸に入る江崎沖縄北方相=8日午前

 江崎鉄磨沖縄北方担当相は8日の記者会見で、オーストラリア沖で起きた米軍新型輸送機オスプレイの墜落事故に関連し「日米地位協定をもう少し見直さないといけない」との認識を示した。沖縄県などは日本に不利な内容だとして見直しを求めている。

 沖縄振興などを担当する沖縄北方担当相が在日米軍の法的地位を定めた地位協定見直しに触れるのは異例。政府全体の方針として今後取り組まれるのかどうかを含め、詳しい説明が求められそうだ。

 江崎氏は地位協定について「私は門外漢だ」と述べ、具体的な見直しの方向性には踏み込まなかった。「沖縄県民の気持ちを政府がしっかり受け止め、米国に言うべきことを言い、時間をかけてでも話し合うべきだ」と訴えた。

 地位協定見直し論は、沖縄で米軍人・軍属による凶悪事件や米軍機の事故などが起きる度に強まってきた。政府は在日米軍基地内の環境調査や、米軍属の対象縮小を巡り、地位協定に準じる補足協定を結んで対応したケースはあるが、協定自体の改定は実現していない。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加