東宝が14日発表した2017年2月期連結決算の純利益は前期比28・7%増の332億円となり、5年連続で過去最高を更新した。映画「君の名は。」や「シン・ゴジラ」などのヒットが貢献した。

 売上高に当たる営業収入は1・8%増の2335億円だった。昨年8月に公開された「君の名は。」は今月10日現在の興行収入が248億円を突破し、邦画歴代2位の大ヒットとなった。

 昨年7月に公開された「シン・ゴジラ」も82億円を超え、「ドラえもん」「名探偵コナン」なども好調だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加