緊張の面持ちでくじを引く選手たち=佐賀新聞社

 第47回佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、NTT西日本佐賀支店協賛)の組み合わせ抽選会が31日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれ、参加32チームの対戦相手が決定した。

 抽選会には13地区の予選会を勝ち抜いた選手ら約100人が参加。NTT西日本佐賀支店の池冨保支店長らが「厳しい予選会を勝ち抜いた君たちの、一生懸命なプレーを期待したい」とエールを送った。各チームの主将がくじを引き、選手宣誓は基山ファイターズ(基山町)の加峰美波主将が務めることになった。

 大会は8月11~14日の4日間、佐賀市のみどりの森県営球場など4会場で開催する。各地区代表の30チームに第36回全日本学童軟式野球県大会準優勝の三根ボーイズ(みやき町)、3位の思斉少年(佐賀市)を加えた32チームで競う。

このエントリーをはてなブックマークに追加