立花珠樹氏

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会と唐津政経懇話会が21、22日に開かれる。共同通信社編集委員の立花珠樹氏が「戦後日本映画の名優たち」と題して講演する。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 佐賀政経懇話会は21日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で、唐津政経懇話会は22日、唐津市の唐津シーサイドホテルで、いずれも午前11時から開く。

 立花氏は1949年、北九州市生まれ。共同通信社文化部芸能担当記者、生活デスク、文化部長などを経て2010年から現職。映画記者として、黒澤明監督や俳優の渥美清さん、三國連太郎さん、高倉健さんら多くの映画人を取材。近年は女優の香川京子さんらのロングインタビューや、映画の楽しい見方を紹介するコラムも執筆している。

 一般の聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加