佐賀県が21日から県内5カ所で九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関する県民説明会を開催するのに合わせ、脱原発の市民団体は16日から「事前学習会」を各地で開催する。

 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」が各地の団体と一緒に実施する。初回は唐津市で「玄海原発反対からつ事務所」とともに開く。

 県主催の県民説明会は国や九電の説明と質疑応答の時間がある。裁判の会の永野浩二事務局長(44)は「説明会は再稼働が前提で、難しくて一方的な話になるはず。その前に、暮らしを守るためにはどうしたらいいかを一緒に考え、説明会で意見を言いやすくできたら」と話している。

 各会場とも約2時間の予定。伊万里市での開催も調整している。

=「事前学習会」日程=

【唐津市】16日午後5時半から大成公民館=裁判の会の永野さん、電話090(3949)2103

【武雄市】20日午後1時半から武雄市勤労者福祉会館=原発ゼロ武雄市民の会の猿渡さん、電話090(2711)9453

【佐賀市】25日午後1時から裁判の会事務所(伊勢町2-14)=連絡先は唐津会場と同じ

【鳥栖市】3月2日午後6時から鳥栖キリスト教会=原発を考える鳥栖の会の野中さん、電話090(4276)4438

このエントリーをはてなブックマークに追加