下田 貴志選手

 第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は17~19日、13チームが全33区間250.7キロで競う。大会を前に各チームの戦力と期待の選手を紹介する。

 4年連続の8位から昨年は10位に転落した。吉田靖則監督は「絶対に1桁を取り戻す」と闘志を燃やす。

 経験豊富なエース下田は10キロで昨年より約30秒縮めており、「大学の時以来の調子の良さ」と吉田監督。昨年、区間賞を取り、今年から社会人区間に挑む西野匠にも「まだ1年生だからあまり苦しめたくはないが、区間賞は今年も狙える」と期待をかける。

 佐賀市からチームに復帰した福田は、長い区間で経験を重ねてきた宮崎とともに10キロ32分半ほどの力があり、主軸の一角を担う。長年、苦しんできた主将の松浦の調子もまずまずで、元1500メートル選手の池田も長距離に慣れ、力を付けた。

 中高生は粒ぞろい。都大路で区間10位と健闘した井手は「高校生区間ぐらい何でもない」と自信を見せる。岡島や全国中学駅伝出場の塩田中メンバーも期待大。女子も力武を筆頭に力がある。

 つなぎ区間を担う2、3選手の力が鍵となりそうだが「全体の仕上がりはいい」と吉田監督。確かな手応えをもって本番に臨む。

(メンバー表は左から氏名、年齢、勤務先・学校、住所、出場回数)

・監 督

吉田 靖則 49 祐徳薬品工業嬉野町 28

・コーチ

喜多 利幸 57 鹿島嬉野森林組合塩田町 35

寺山 浩二 44 佐賀LIXIL製作所 嬉野町 27

・コーチ、選手

前田 和彦 41 友朋会嬉野温泉病院嬉野町 19

山下 猛義 39 特別養護老人ホームうれしの 嬉野町 19

・選 手

松浦 啓太 27 嬉野市役所塩田町 11

朝日 竜樹 39 さざなみ鈴木病院嬉野町 13

藤田 祥宏 29 鹿島消防署塩田町 14

福田 勇介 26 戸上電機製作所嬉野町 11

林  和彦 48 大村自衛隊嬉野町 8

古川 惣一 26 佐世保市役所嬉野町 8

下田 貴志 27 嬉野市役所嬉野町 7

池田  圭 30 嬉野医療センター嬉野町 3

宮崎 亮治 22 肥前精神医療センター 塩田町 8

松永健太郎 24 鹿島消防署太良分署塩田町 5

神近 翔平 26 長崎キャノン嬉野町 3

馬場 巧郎 35 自営業太良町 初

太田 道大 23 嬉野消防署嬉野町 初

西野 匠哉 19 東京農業大塩田町 7

井手 孝一 18 鳥栖工高塩田町 5

岡島 慶典 18 白石高嬉野町 5

野田 樹生 16 武雄高嬉野町 2

香月 文弥 17 白石高塩田町 3

池田 琉生 18 塩田工高塩田町 初

西野 湧人 15 塩田中塩田町 3

岡  隼跳 15 塩田中塩田町 2

福田 剛司 15 塩田中塩田町 2

川原 拓真 15 塩田中塩田町 初

西野 莉那 20 佐賀西信用組合塩田支店 塩田町 7

力武 風花 16 白石高塩田町 5

山下  藍 15 嬉野中嬉野町 3

寺山 春菜 14 嬉野中嬉野町 初

筒井 心桜 13 塩田中塩田町 2

■まかせたぞ! 下田 貴志(27) 雪辱へ仕上がり実感

 前回はエース区間をまかされたが最初から離され、「圧倒的な実力差を感じた」。区間順位も2桁にとどまった。

 悔しさをバネに、今年は1桁を目指して練習を重ねてきた。昨年12月の相知ロードレースでは10キロ31分47秒。30秒ほどタイムが縮まり、仕上がりを実感する。本番までにさらにスピードを付け、「他のエースに食らいついていく」と意気込む。

 「例年、社会人が力を発揮できていないが、大人は大人でしっかりした走りを見せ、チームを引っ張っていきたい」

■PC、スマホで順位速報 先頭付近の位置情報も

 パソコンやスマートフォン向けの「県内一周駅伝特設サイト」(有料)では、区間記録の速報に加え、先頭付近ランナーの位置情報などをいち早く提供します。パソコン・スマホ用の「佐賀新聞LIVE」の無料ゾーンでは午前、午後の総合順位を伝えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加