■奪われたくない 何げない日常 入道雲の下でセミの鳴き声が響く。いつも通りの暑い夏の日。長崎市内はカメラを手にした観光客や汗だくの会社員、夏休み中の小学生らが行き交う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加