今月から開庁した佐賀南署の初代署長を務める。署員206人は県内一の大所帯。署員には「より住民目線で頼りがいのある警察署にしていこう」と呼び掛け、管内の安全安心に向けて関係機関や地域住民との連携を強化する。

 1981年に拝命。暴走族の取り締まりに奔走した唐津署交通課長時代、地域の協力を受け浜玉町で県内初の「暴走族追放条例」制定にこぎ着けた。「警察が本気で取り組めば協力してくれる人はたくさんいる」と実感する。

 管内を走る国道208号は1キロ当たりの交通事故件数が県内最多。地元の声を聞きながら効果的な対策を模索する。北署とは境界線にこだわらず「お互いのフットワークを軽くしてきめ細かく対応をしたい」。

 息抜きは9年前の九州管区警察局時代から水槽で飼っているメダカと小エビの観察。「引っ越しの度に全滅の危機。水が合うか心配」と自宅から官舎に一部を移して様子を見る。北方謙三などの時代小説を愛読。

このエントリーをはてなブックマークに追加