ドーナツを食べながら山村輝治社長(中央)と意見交換する参加者=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 ドーナツチェーン店「ミスタードーナツ」について語り合う「ミスド ファンミーティング」が8日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀であった。参加者約60人が、運営会社ダスキン(大阪府)の山村輝治社長と意見交換した。

 唐津市の米倉華奈恵さん(30)は「販売の終わった商品をまた食べたい。復刻版として再販売してほしい」と要望。山村社長は「面白い意見なので、社内で検討してみます」と笑顔で答えていた。

 ファンミーティングは消費者の声を商品開発や販売戦略に生かそうと全国で開き、佐賀は34カ所目。県内7店の関係者らも参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加