菅義偉官房長官は13日の記者会見で、九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働差し止めを求める仮処分申請を認めなかった佐賀地裁決定に関し「国は直接の当事者でなく、コメントは控えたい」と述べるにとどめた。

 政府の立場については「原子力規制委員会が新規制基準に適合すると判断しており、政府として尊重する方針に変わりはない」と強調した。

 また、世耕弘成経済産業相は13日の記者会見で「独立した原子力規制委員会が(原発の)新規制基準に適合すると判断した。政府としてはその判断を尊重する方針に変わりはない」と話した。

 「国は直接の当事者ではないのでコメントは控える」としながら、従来の立場を強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加