マリアナ海溝で採取された甲殻類のヨコエビ(英ニューカッスル大のアラン・ジェーミソン博士提供)

 マリアナ海溝など太平洋の水深1万メートルに達する深海で採取した甲殻類から、ポリ塩化ビフェニール(PCB)やポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDE)といった有害物質が高濃度で検出されたと、英研究チームが13日付のオンライン科学誌に発表した。

 これらの物質は電気部品の絶縁油や難燃剤などに広く使われ、分解されにくく生物に蓄積しやすい。チームは「人間活動による汚染が世界中の海に広がっていると考えられる」と警告している。

 チームは太平洋北西部のマリアナ海溝と、南太平洋のケルマデック海溝の水深7千~1万メートルで調査。エビに似た甲殻類の仲間ヨコエビを採取して分析すると、いずれの海溝で採取した個体からもPCBやPBDEが検出された。中国で最も汚れた河川域にすむカニの50倍と非常に高い濃度のものもあった。

 都市部の汚染が大気や潮の流れで広がり、食物連鎖を通じて濃度が高まる生物濃縮が起きた可能性があるとチームはみている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加