住民票の住所に居住実態がないなどの所在不明児が13都県に25人(28日時点)いることが厚生労働省の調査で分かった。少なくとも3人は虐待を受けている恐れがあるという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加