唐松地域の医療・福祉拠点として決意を述べる園田孝志・唐津病院長=唐津シーサイドホテル

 済生会唐津医療福祉センターを運営する佐賀県済生会の創立80周年記念式典が2日、医療、行政関係者ら230人が出席して、唐津市のホテルで開かれた。

 県済生会は昭和9(1934)年、同市元旗町に病床5床の唐津診療所を開設。戦後は結核や離島、無医村区の医療に携わり、現在は17診療科193床の唐津病院を核に、医療・福祉事業を展開。80周年記念事業として特別養護老人ホーム「めずら荘」、介護老人保健施設「まつら荘」を移転新築。唐津病院横には健康増進センターを新設した。

 式典では池田英雄・県済生会長と園田孝志・唐津病院長が昭和50年代の経営危機を救急高度医療と福祉サービスの拡充で乗り越えたことなどを振り返りながら「歴史と経験を生かし、地域に貢献していく」と述べ、山口祥義知事らが祝辞を送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加