九州ろうきんの山城正一専務理事(左)から助成金の目録を受け取る各団体の代表者=佐賀市のホテルマリターレ創世

 第14回「九州ろうきん佐賀地区NPO助成フォーラム」が3日、佐賀市のホテルマリターレ創世であった。福祉や子育て支援、地域文化継承などの地域活動に取り組む県内13団体に合計210万円の助成金が贈られた。

 九州労働金庫が社会貢献活動の一環として実施。ボランティア預金「NPOパートナーズ」による寄付金と九州ろうきんの拠出金を財源としており、今年は県内22団体の応募があった。

 九州ろうきんの山城正一専務理事が13団体の代表者に目録を手渡し、「小さな助成かもしれないが長く続けることで大きな力になる。地域を支えている皆さんの役に立てれば」と話した。これまで九州全体で900団体、2億円を助成している。

 助成団体は次の通り。

 藍・愛をつむぐ会▽ま・まんでぃ▽外出支援サービスにこにこサポート▽Happeace▽親の会「ほっとケーキ」▽被害者支援ネットワーク佐賀VOISS▽伊万里地区BBS会▽ビッグベア▽おかえりや▽佐賀いのちの電話▽県日中友好協会▽駅前スゴロク実行委員会▽ハート笑美の会

このエントリーをはてなブックマークに追加