ボクシング・ウエルター級準々決勝 右ストレートで攻める杵島商の成富丈一郎(右)=福島県会津若松市あいづ総合体育館

 ▽フライ級準々決勝

中垣龍汰朗(宮崎・日章学園)/判 定/野上翔(佐賀・杵島商)

 ▽ウエルター級準々決勝

高橋大悟(新潟・新潟向陽)/判 定/成富丈一郎(佐賀・杵島商)

■成富、雪辱ならず

 ボクシングの準々決勝に挑んだウエルター級の成富丈一郎(杵島商)とフライ級の野上翔(同)は奮闘かなわず、ともに判定で涙をのんだ。

 優勝候補の一角に挙げられていた成富は、全国選抜大会で敗れた高橋(新潟向陽)とのリベンジ戦。大柄な相手と接近して打ち合った。第1ラウンドは判定が分かれ、第2ラウンドは高橋、最終ラウンドは成富が優勢に進めた。結果は選抜大会と同じ2-3の判定負けだったが、成富は「力は出し切れた。国体で優勝を目指す」と語った。

 2年生の野上は、アジアユース選手権金メダリストの中垣(宮崎・日章学園)と3度目の顔合わせ。ポイントを絞って攻撃してくる相手を攻め続け、左ストレートや右ボディーなどクリーンヒットも決めた。

 「勝ったと思った」(野上)というが、結果は1-4。森田隆宏監督は「ネームバリューがある相手に判定ではなかなかうまくいかない」と悔しさをにじませた。

このエントリーをはてなブックマークに追加