人工の肛門や膀胱(ぼうこう)を増設した人(オストメイト)の支援を考える公開講座が7月30日、小城市小城町で開かれた。医師やオストメイトらが直面している課題や暮らしぶりを説明。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加