西日本建設業保証佐賀支店が前払い金の保証状況をもとにまとめた6月の県内公共工事動向によると、請負金額は前年同月比3・1%減の80億9700万円、件数は18・8%増の227件だった。

 国は工事の平準化に向け、年度前半に発注を集中させる方針を示しているものの、熊本地震の影響で発注が遅れ、19・8%減の8億9900万円だった。

 県は国道444号の道路改良工事(合計4億8千万円)など大型工事が数字を押し上げ、39・3%増の23億7900万円。市町は玄海町の福祉施設建設工事(7億2200万円)や太良町の学校給食センター新築工事(5億8200万円)などがあり、49・8%増の43億3700万円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加