全九州ライフル射撃選手権大会は15、16の両日、鹿児島県射撃場で開かれた。佐賀県勢はエアピストル60発で福島大介(県警)が555点で優勝。6点差で牟田行伸(同)が2位に入った。10メートル立射60発少年では芳司健太(佐賀工高)が準優勝した。

 =県勢の成績=

 【男子】ビームピストル40発少年 (16)伊藤憲治郎(佐大附属中)310点▽10メートル立射60発少年 (2)芳司健太(佐賀工高)606・9点(9)林晃輝(佐賀学園高)594・6点▽ビームライフル立射60発少年 (5)林晃輝(佐賀学園高)615・8点(6)芳司健太(佐賀工高)614・1点(10)池上大征(小城高)608・7点▽エアピストル60発 (1)福島大介(県警)555点(2)牟田行伸(同)549点(9)堀貴雅(同)530点(12)宮崎基彰(同)515点▽10メートル立射60発 (12)折口賢太郎(佐大)563・6点(13)秋元康成(同)556・0点

 【女子】ビームライフル立射40発少年 (6)柿内亜香里(佐賀東高)408・9点

 【団体】(5)佐賀22点

このエントリーをはてなブックマークに追加