小学6年と中学3年の全員を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が18日、一斉に行われる。国公立の全校と私立の49・5%が参加し、2万9850校の約212万8千人が受ける。同省が結果を集計し、夏に公表する予定。

 結果公表については、きめ細かい指導につなげようと従来の都道府県別平均正答率に加え、今回初めて政令指定都市別も明らかにする。ただ、競争をあおらないよう小数点以下は出さず、いずれも整数値のみを示す。

 教科は国語と算数・数学で、基礎的知識を問うA問題と知識の活用力をみるB問題に分けて出題。同時に子どもたちには生活習慣を尋ね、保護者の一部を対象とした家庭状況などに関するアンケートも実施。さまざまな分析に役立てる。

 市町村教育委員会は独自の判断で学校別成績を公表でき、都道府県教委は市町村教委の同意があれば、市町村別と学校別を公表できる。

■47NEWSで問題、解答公開 あす午後5時すぎ

 全国の地方新聞社と共同通信でつくるニュースサイト「47NEWS」は18日、小学6年と中学3年を対象に同日実施される全国学力テストの問題と解答を公開する。

 URLは、http://www.47news.jp/で、トップページに設けた全国学力テストのバナーから掲載ページに入れる。公開は午後5時すぎから。

 公開するのは小学校の国語A・B、算数A・B、中学校の国語A・B、数学A・B。

このエントリーをはてなブックマークに追加