「美しい月のように静かに見守ってくれる」「太陽のような明るい笑顔」-。お互いを月と太陽に例える姿は初々しくも、さわやか。秋篠宮家の長女眞子さまが、同級生の小室圭さんとの婚約会見に臨まれた◆何度も目を合わせながら答えるお二人を見て、ご両親の秋篠宮さまと紀子さまの婚約会見を思い出した人も少なくないだろう。川嶋家のモットー「オールウェイズ・スマイル」通り笑顔にあふれ、学習院大学の教職員宿舎から嫁いだ「3LDKのプリンセス」も話題を呼んだ◆さらにさかのぼれば、「ミッチーブーム」「テニスコートの恋」も国民の憧れだった。先日、天皇、皇后両陛下が長野県軽井沢に思い出のテニスコートを訪ねられたが、当時のニュース映像を見ると、あの日から国民とともに歩む新しい皇室像を築いてこられたのだと感慨深い◆ただ、眞子さまが皇室を離れるのを、さみしく感じる国民も少なくない。いずれ次女の佳子さま、そして皇太子家の長女愛子さまもご結婚されれば、将来を担う皇族は悠仁さまだけになる事態も考えられる。これからの皇室の在り方を巡る国民的な議論を急がねばならない◆小室さんは学生時代、湘南・江の島をPRする「海の王子」を務めたとか。王子のかじ取りで、お二人の船出が順風満帆で、いつまでも幸せでありますように。(史)

このエントリーをはてなブックマークに追加