【巡回車】

 5日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時半=江北町保健センター、有田町福祉保健センター(予約制、大腸がんは13時15分も検診あり)▽太良町・各地区(40歳以上の男女が対象、肺がん検診のみ実施)

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=江北町保健センター(乳がん検診なし)、有田町福祉保健センター(予約制、乳がんは13時15分も検診あり)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【告知板】

 ◆オストメイト9月交流会

 人工肛門・人工ぼうこうを保有する人たちの日常生活の情報交換の場。一人で抱え込んでいる悩みを打ち明け合う。日本オストミー協会県支部が主催。会場、日時、問い合わせは次の通り。

 ▽鹿島会場 8日10時~正午、鹿島市高津原の市民交流プラザ「かたらい」3階小会議室。

 ▽佐賀会場 12日10~15時、佐賀市天祐の県障害者福祉会館内、日本オストミー協会県支部事務所。電話090(7446)2060(原田さん)。

 ▽鳥栖会場 13日10時~正午、鳥栖市元町の市社会福祉会館。

 ▽唐津会場 20日9時半~正午、唐津市東城内の市障がい者支援センターりんく。

 ▽小城会場 26日10時~正午、小城市小城町のひらまつ病院2階第2会議室。

 ▽神埼会場 27日10時~正午、神埼市神埼町の市中央公民館第2研修室。

 ▽伊万里会場 28日9時半~正午、伊万里市立花町の市民交流プラザ小会議室。

 ◆古文書講座(中級編)「佐賀の古文書を読もう」

 (10月~来年2月までの毎週土曜日10時、佐賀市の県立図書館)県内に残る古文書を読み解き、活用する。庶民のための医学書「普救類方選(ふきゅうるいほうせん」や、佐賀藩初代藩主・鍋島勝茂と豊臣秀吉の文書を解読文と照らし合わせながら読む。対象は、初級編を修了した人か簡単な「くずし字」を読める人。参加無料で、定員は60人。全15回。

 希望者は、申込用紙を県立図書館総合カウンターに提出するか、ファクス、メール、電話で。用紙は同館郷土資料室、同館ホームページなどで入手できる。申込期間は4~8日。申し込み・問い合わせは同館郷土調査担当、電話0952(24)2900、ファクス0952(25)7049、メールsaga-kentosyo@pref.saga.lg.jp。

 ◆自殺予防・佐賀いのちの電話

 死にたい、死ぬほどつらい、生きる意味がないなどの自殺予防相談を受け付ける。電話のみ。

 ▽年中無休24時間=電話0952(34)4343「佐賀いのちの電話」▽毎日1~7時=フリーダイヤル(0120)400337「自殺予防夜間電話相談・佐賀いのちの電話」▽毎月10日8時~11日8時=フリーダイヤル(0120)783556「自殺予防・いのちの電話(全国一斉)」。

 ◆女性のための相談窓口

 女性相談員による総合相談=電話相談は火~土曜9~21時・日・祝日9~16時半(毎週月曜は休館日)、面接相談は要予約▽女性弁護士による法律相談=毎月第1土・第3木曜13~16時▽女性臨床心理士によるこころの相談=第3土曜14~16時。場所は佐賀市天神の県立男女共同参画センター(アバンセ)。相談は無料。法律相談とこころの相談は事前に電話相談が必要。相談専用ダイヤル=0952(26)0018。

【LIVE】

 ◆劇「Teatime~青葉通りで休日を~」

 (10日、佐賀市城内の県立美術館ホール)初心者を対象とした期間限定劇団「テアトロこじーら」の公演。出勤途中でベンチに座り込んでしまったOLあかねと、生き生きと暮らす商店街の住人たちが交わる物語。2回公演で14時、18時開演。上演時間70分。前売り一般1500円、高校生以下500円(当日各500円高)。ペアチケットは前売りのみ2600円。チケット予約、問い合わせは辻さん、電話090(4772)6176。

【展覧会】

 ◆博多錫工芸と佐賀錦展

 (10日まで、福岡市天神のアクロス福岡2階匠ギャラリー)はかた錫(すず)工房とNPO法人「佐賀錦紗綾の会」のジョイント展。

 ◆インターナショナルアーティスト佐伯和子の絵画受賞記念展&オリジナルジュエリー展

 (6~11日、佐賀市の佐賀玉屋本館6階ギャラリー)福岡市のアーティスト佐伯さんの作品展。絵画やオリジナルジュエリーなど約100点。佐賀玉屋、電話0952(24)1151。

 ◆鹿島錦保存会設立50周年記念 鹿島錦展

 (8日~10月22日、鹿島市古枝の祐徳博物館)鹿島鍋島藩主直彜(なおのり)公の夫人・篤子が考案し、現代まで継承される鹿島錦。保存会50周年を記念して制作された「二曲一双屏風(びょうぶ)」をはじめ、過去の周年記念大作、会員制作の逸品を展示する。会期最終日には実演会も。大人300円、大学・高校生200円、小中学生100円。電話0954(62)2151。

 ◆「佐賀藩初代藩主の子供たち」展

 (11月4日まで、佐賀市松原の徴古館)初代佐賀藩主・鍋島勝茂公がもうけた七男六女の子供たちは、分家を創設して鍋島家一門を形づくったり、龍造寺家一門に嫁いだりして鍋島家の維持・発展を目指した。初代藩主による一門の創設を中心とした藩政運営の基盤づくりを解説する。入館料300円(小学生以下は無料)。電話0952(23)4200。

このエントリーをはてなブックマークに追加