武雄市武雄町の御船が丘梅林に「梅林茶屋」が開店した。=写真

 観梅客をもてなす休憩所として、地元有志で運営している。午前10時から午後4時半まで、梅が枝餅やうどん、抹茶、甘酒などのほか、梅林で取れた無農薬梅の梅干し、せんべいやあめなど武雄の物産も販売している。

 御船が丘梅林は、御船山の下約16万平方メートルに広がる。今は3分咲きで、満開のころには「一目1万本」の梅が楽しめる。茶屋は3月下旬まで開店している。

このエントリーをはてなブックマークに追加