今年で開港50周年を迎える伊万里港の歴史に学び、未来を描く「伊万里港シンポジウム」が23日午後2時から、伊万里市松島町の市民センター文化ホールで開かれる。入場無料。

 前半は、市職員として開港に立ち会った富村繁雄元市助役が「伊万里港開港までの歴史(仮)」と題して講演し、チェンバロの記念演奏会も。後半は塚部芳和市長をファシリテーターに、鈴田由紀夫県立九州陶磁文化館館長ら学識者や地場企業の代表を交えて伊万里港の活用などについて語る。

 問い合わせは市役所伊万里港開港50周年記念事業推進室、電話0955(23)2466へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加