■伊万里

 川原 啓吾(かわはら・けいご)野球部エース。3年夏の県大会ベスト4進出に貢献した。全校応援の歓声の中で「楽しんで投げられた」ことが一番の思い出。国立大理系を目指す。有田町。

 土井 和香奈(どい・わかな)県総体で3位入賞を果たした陸上部のリレーメンバー。4年制大学のスポーツ系学部を志望。「選手の気持ちが分かるトレーナーになりたい」。伊万里市立花町。

 福本 安菜(ふくもと・あんな)「勉強して少しずつ分かることが面白かった」と苦手科目克服に力を入れ、優秀な成績を維持。ボランティア活動にも取り組んだ。国立大理系を目指す。有田町。

 田中 愛梨(たなか・あいり)吹奏楽部部長。最後の大会で金賞に届かなかったが「自分たちの演奏はできた」と悔いはない。公立大文系を志望し「地域活性化の方策を学びたい」。伊万里市脇田町。

 山田 桃子(やまだ・ももこ)書道部で活躍し、全国総合文化祭に出場した。「目標に向かって努力を続けた3年間だった」。福岡教育大で書道を専攻し、高校教諭を目指す。伊万里市東山代町。

 吉原 智也(よしはら・ともや)サッカー部主将として部員40人をまとめた。「コミュニケーションの取り方などいい経験になった」と成長を実感する。中央大法学部に進む。伊万里市立花町。

 福井 宏昌(ふくい・ひろあき)生徒会長でバレー部主将と「毎日が充実していた」。次世代リーダー養成塾で全国の同世代と交流したことも刺激になった。国立大理系を志望。伊万里市立花町。

■太良

 高本 寛和(たかもと・ひろかず)努力家で成績優秀。生物科学部で川の生物調査やビー玉を転がす装置づくりに励んだ。公立大を目指し「新しい環境で好きなことを勉強したい」。鹿島市常広。

 黒池 恭太(くろいけ・きょうた)生徒会長とサッカー部主将を担い「人をまとめる難しさを学んだ」。九州国際情報ビジネス専門学校に進み、消防の特別救助隊員になる夢を形にする。太良町。

 山口 花枝(やまぐち・はなえ)吹奏楽部部長を務め、高齢者施設での演奏が思い出。西九州大短期大学部幼児保育学科に進み「笑顔と音楽があふれる教育環境をつくれる保育士」を目指す。白石町。

 片渕 亮介(かたふち・りょうすけ)パソコン部で勉強に打ち込み、基本情報技術者試験などの国家試験に合格した。「将来はIT関係の職業に就きたい」とKCS福岡情報専門学校に進む。白石町。

 槌間 夏紀(つちま・なつき)卓球部に勉強、就職活動、体育祭リーダーと全力疾走。「本気で人と接する貴重な時間だった。あと2年通いたいくらい」。春から吉田屋に就職する。鹿島市常広。

 野方 沙耶(のがた・さや)高校から弓道を始め、努力が実って国体メンバーに選ばれた。「部活を続けたことで強くなれた」。佐賀コンピューター専門学校に進み、弓道も続ける。佐賀市開成。

 原尾 慎吾(はらお・しんご)サッカー部では少人数の部員で助け合って練習し、協調性を身に付けた。春から昭和金属工業に就職し、「明るく元気にあいさつしていきたい」。鹿島市納富分。

今春、高校を卒業する生徒を紹介します(敬称略)。次回は牛津、龍谷の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加