井上綾奈さん

■「演奏力磨き、再び全国へ」

 小城市三日月小6年の井上綾奈さんは、東京・よみうりホールで開かれた「ジュニアエレクトーンコンクール2016ファイナル」(ヤマハ主催)の小学生高学年の部でファイナリスト賞を受賞しました。北部九州代表として挑んだ全国大会を振り返り「リハーサルは緊張したけど、本番は楽しんで演奏できた」と弾けるような笑顔を見せます。

 エレクトーンの面白さは弦楽器、管楽器、打楽器などの幅広い表現ができること。右手でバイオリン、左手でフルート、足でコントラバスといった楽器の音を奏でる綾奈さんは4年生のころから自分でオーケストラの楽曲をエレクトーン用に編曲しているそうです。

 「いろんな曲を弾いて磨きをかけて、もう1回全国大会に出たい」と話す綾奈さんは4月から中学生。勉強とエレクトーンを両立したいと張り切っています。(地域リポーター・式町郁子=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加