第45回九州サッカーリーグ第19節は3日、熊本県の嘉島町総合運動公園多目的球技場などであり、佐賀LIXIL(鹿島市)は熊本県教員蹴友団に0-2で敗れた。

 佐賀LIXILはシュート数で相手を上回ったものの、試合終盤の後半39分に先制を許すと、5分後にも追加点を奪われた。

 第20節は10日にあり、佐賀LIXILは鹿島市陸上競技場でFC中津(大分)と対戦する。

熊本県教員蹴友団(14) 2(0―0)0 佐賀LIXIL(11)

              (2―0)

海邦銀行(28) 1(1―0)1 三菱重工長崎(13)

          (0―1)

        (PK4-3)

NIFS・KANOYA・FC(32) 6(1―0)1 FC那覇(9)

                    (5―1)

J・FC・MIYAZAKI(43) 7(1―1)2 FC中津(15)

                   (6―1)

テゲバジャーロ宮崎(47) 7(3―0)0 九州三菱自動車(28)

               (4―0)

このエントリーをはてなブックマークに追加