伊万里署と長崎県警川棚署が合同で安全運転を呼び掛けた交通指導取り締まり=長崎県波佐見町の岩峠駐車場前

 伊万里署と長崎県警川棚署の合同交通指導取り締まりが13日、長崎県波佐見町の波佐見有田インター近くの岩峠駐車場前であった。両署員が協力して安全運転を呼び掛けた。

 年末年始に向け、交通事故多発が懸念されることから、冬の交通安全県民運動(13~22日)に合わせて開いた。両署が合同で取り締まりをするのは初めて。

 雨が降る中、両署員は伊万里署側が車の誘導、川棚署側が免許証の確認と役割分担。停車したドライバーに「雨の中、気をつけて運転を」などと声を掛けながら事故防止を呼び掛けるチラシを手渡すなど、スムーズな連携を見せた。

 伊万里署の仁部茂雄交通課長と川棚署の白石陽一交通課長は「顔を合わせることで連携が深まる。今後も県境を越えた協力を続けたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加