団体決勝リーグ・佐志A-長松 先鋒戦で佐志Aの佐々木信(左)が長松の増山翼に上手投げで勝利

 ○…佐志が誇る27度の優勝回数と11回大会から続けた9連覇。どちらも今大会で肥前に抜かれたが、これまでの佐志の強さにも光が当たった。

 特別功労者の5人中4人は9連覇を築いた黄金期のメンバー。4度の松浦横綱にも輝いた熊本光祐さん(77)は「時代の流れ。肥前の強さは努力、稽古のたまもの」と選手たちをたたえた。

 今大会は先鋒佐々木と二陣栄がともに個人戦でベスト8。その力を団体戦でも十分発揮したが、中堅の欠場などで5位に終わった。栄は「5人そろっていればもっと上位に行けたはず。来年は優勝回数の記録に並べるようにしたい」と躍進を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加