【ソウル共同=豊田祐基子、粟倉義勝】北朝鮮は日本時間16日午前6時21分ごろ、日本海側の東部新浦(シンポ)付近で中距離とみられる弾道ミサイル1発を発射、直後に爆発した。発射は失敗したとみられるが、圧力を強めるトランプ米政権に対抗して核・ミサイル開発を推進する姿勢を鮮明にした。一方、ペンス米副大統領は同日韓国入りし、同盟国防衛の決意を表明。18日からは日本を訪問予定で、対応を協議する。同行のホワイトハウス高官は、在韓米軍への核再配備の可能性は否定した。

 同高官は16日、ミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく中距離だとの初期評価を記者団に明らかにし、発射後4~5秒で爆発したと述べた。日米韓は北朝鮮が6回目の核実験などさらに挑発的な行動に出る恐れもあるとみて、警戒・監視を強めている。

 防衛省幹部は「日本の安全保障に直ちに影響を与える事態は発生していない」と述べた。

 ティラーソン米国務長官と中国の楊潔〓国務委員は16日に電話会談し、朝鮮半島情勢を協議した。

 ペンス氏は16日、在韓米軍との夕食会で「米韓同盟はこれまでになく強固だ」と述べ、北朝鮮の脅威に対抗する考えを表明した。トランプ政権は軍事的な選択肢を排除しないとしており、ペンス氏は安倍晋三首相や韓国大統領代行の黄教安(ファンギョアン)首相との会談で、軍事力行使を含む米側の対応について説明するとみられる。

 北朝鮮は15日、故金日成(キムイルソン)主席の生誕105年に合わせた軍事パレードで、新型中距離弾道ミサイル「KN15」(北朝鮮名「北極星2」)や新型のICBM用の可能性がある発射管付き車両などを初公開した。

 北朝鮮は5日、新浦付近から北東方向に弾道ミサイル1発を発射したが、この際も失敗したとみられている。

 北朝鮮は25日に朝鮮人民軍創建記念日を控えて強硬姿勢を継続。米軍は原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に向かわせるなど、即応態勢を取っている。

〓は竹カンムリに后の一口が虎

このエントリーをはてなブックマークに追加