「黒々とした波の壁は、さらにせり上がって屹立(きつりつ)した峰と化した」「家屋は、たたきつけられて圧壊し、海岸一帯には白く泡立つ海水が渦巻いた」-。東日本大震災の描写ではない。121年前のきょう、1896(明治29)年に東北地方を襲った「明治三陸地震」の巨大津波である◆作家・吉村昭が、体験者からの聞き取りや資料に当たってまとめた『三陸海岸大津波』(文春文庫)から引いた。轟音(ごうおん)を伴う津波は沿岸部をのみ込み、死者・行方不明者は2万2千人に上った。同書は昭和に入って起きた二度の大津波も合わせて収録している◆なぜ過去の教訓を生かせなかったのか。東日本大震災後、40年も前に出された、この本が注目を浴びた。「今も三陸海岸を旅すると、所々に見える防潮堤とともに、多くの死者の声がきこえるような気がする」と吉村は書き残している◆その吉村の書斎を再現した文学館が今春オープンしたと聞いて、東京・荒川に訪ねた。壁は天井まで蔵書でぎっしり。大きな窓に面した机と、原稿用紙を収める専用の棚が作り付けてある。綿密に計算された空間は、丹念に証言を集めた吉村の創作姿勢にも通じる◆各地の郷土史が並ぶ中に、佐賀県の歴史を記した本を見つけた。吉村愛用のいすに座って眺めていると「過去の声に耳を澄ませ」と叱咤(しった)された気がした。(史)

このエントリーをはてなブックマークに追加