沿道の声援を受けながら自転車で疾走する選手たち=佐賀市東与賀町

 灼熱(しゃくねつ)の佐賀平野を駆ける第33回「佐賀トライアスロン大会」が7月31日、佐賀市東与賀町運動公園周辺で開催された。参加者たちは30度を超える気温の中で、「鉄人レース」に挑んだ。

 県内外から19~69歳の約80人が参加した。水泳(1キロ)、自転車(22キロ)、ラン(7キロ)の合計30キロで競った。プールで水泳を終えた参加者たちは、ぬれたままで自転車に乗り、田園地帯のコースを周回。息つく間もなく同じコースをランニングした。

 レースは熊本県の西村健太さん(34)が1時間20分26秒のタイムで5連覇を達成した。西村さんは「地震の影響で思うように練習ができなかったが、いい結果が出てうれしい」と笑顔だった。

 大会は干拓地の平たんなコースが人気で、この日は小中学生によるジュニアトライアスロンも開催された。

このエントリーをはてなブックマークに追加