到着ロビーで帰省客らに「肥前さが幕末維新博覧会」をPRする佐賀の八賢人おもてなし隊=佐賀市川副町の佐賀空港

 佐賀県は8日、お盆休みの帰省客でにぎわう佐賀空港(佐賀市川副町)で、来年3月に開幕する「肥前さが幕末維新博覧会」をPRした。

 到着ロビーでは、「佐賀の八賢人おもてなし隊」から島義勇ら3人と、大隈重信に扮(ふん)したゆるキャラ「壺(つぼ)侍」が帰省客を出迎えた。「明治維新の中心、佐賀へようこそ!」「来年は明治維新150周年、佐賀が盛り上がっています」などと声を掛けながら、博覧会の中核施設となるテーマ館の設置や、博覧会の関連イベントを告知するチラシとうちわのセット約400部を配布した。

 東京都から娘2人とともに帰省した栗原寛子(のりこ)さん(36)は、「にぎやかに出迎えてもらえて楽しい。歴史に興味があるので、次に帰ってきた時はぜひ行きたい」と関心を寄せていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加