曲に合わせてポーズを決める氣志團=佐賀市のモラージュ佐賀

大勢のファンがステージを囲み、会場は熱気に包まれた

 結成20周年を迎える人気ロックバンド「氣志團」が6日、佐賀市のモラージュ佐賀でライブを開いた。2、3階からも大勢のファンたちがのぞき込むように鑑賞。メンバー5人がステージに登場すると、大きな拍手と歓声に包まれた。

 20周年記念アルバム「万謡集」(9日発売)のキャンペーンで来県、アルバム収録曲の「バームクーヘン」や、代表曲「ワンナイトカーニバル」など4曲を熱唱した。うち3曲は「初の試み」というアコースティックバージョンで披露。即興のお笑いネタも織り交ぜ、観客を楽しませた。

 福岡市から親子で来た大智仁美さん(45)は「1曲目の『喧嘩(けんか)上等』が特に印象的。アルバム発売日は私の誕生日で運命を感じる」。娘の未夢さん(16)も「夢に見るほど好き。間近で見られて倒れそうなくらいうれしい」と興奮した様子だった。

 ボーカルの綾小路翔さんは「生演奏でのステージは新鮮で勉強になったし、楽しかった。佐賀の人はシャイだけど、ウエルカムで優しい」とライブを振り返った。

このエントリーをはてなブックマークに追加