滋賀県は2日、県の原子力防災専門会議で、原発事故の際、原発からおおむね30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の住民は原則的に屋内退避するという国の原子力災害対策指針に関し、退避期間や退避解除の指標を…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加