訓練で、対岸に残された孤立者をゴムボートで救助した神埼署員ら=神埼市神埼町尾崎の天神尾池

 神埼署(川久保正文署長)は7月29日、台風による大雨災害に備え、訓練を実施した。川の氾濫や土砂災害の発生を想定し、ゴムボートやヘリコプターを出動させ、孤立者救助の手順を確認した。

 訓練は神埼町尾崎の天神尾池で行い、約30人が参加した。ライフジャケットを着た警察官がゴムボートに乗り込み、声を掛け合いながら操縦方法を確かめ、対岸に残された孤立者を救助した。安否確認や搬送までをシミュレーションし、ヘリを使った降下救助も実施した。

 一連の様子は映像で署に設置した本部に送った。大場信也警備課長は「ゲリラ豪雨も増えている。いざというときのため訓練時から声を出して息を合わせておくことが大切。今後も練度向上に務める」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加