ロッテ戦に先発し、5勝目を挙げたDeNA・濵口=横浜

■DeNA5-2ロッテ

 DeNAが連敗を3で止めた。一回に田中浩とロペスの連続適時長短打などで3点を先制。三回に筒香が6号ソロを放った。濵口(基山町出身)は六回途中まで1失点で5勝目を挙げた。ロッテはチェンが一回に3点を失い、気勢をそがれた。【共同】

 DeNA―ロッテ2回戦(1勝1敗、18時2分、横浜、27002人)

ロッテ 000 001 001 2

DeNA301 000 10× 5

▽勝 浜口11試合5勝3敗

▽敗 チェン8試合1勝3敗

▽本塁打 筒香6号(1)(チェン)パラデス3号(1)(山崎康)

▽三塁打 高城▽二塁打 桑原、田中浩、パラデス、角中▽暴投 土肥

▽試合時間 2時間56分

=ハイライト=

 波に乗るルーキーがまたも白星をつかんだ。DeNAの濵口は六回途中1失点でチームの連敗を3で止め、チームトップの5勝目を挙げた。本拠地初勝利で初めてのお立ち台に上り「少しはチームの役に立てたかな」と緊張しながら笑みを浮かべた。

 「思うような球を投げられなかった」と満足いく制球ではなかったが、四回まではカーブをうまく織り交ぜて二塁すら踏ませない。4-0の五回は1死二、三塁のピンチを招いたが「しっかり抑えないと」と武器のチェンジアップで荻野を浅い中飛、代打井口を三直に打ち取った。六回1死一、三塁から清田に中前適時打を浴びて105球で降板したが、救援陣の好投もあり白星を手にした。

 開幕からローテーションを担ってきたドラフト1位左腕。5月に3連敗するなど苦しんだが、交流戦に入って3戦3勝。初対戦となるパ・リーグの打者には球威のある直球と武器のチェンジアップが威力を発揮した。ラミレス監督は「一番勝つ投手になるとは予想できなかった。今、最も安定している投手だ」と賛辞を並べた。【共同】

■筒香も援護7試合ぶり1発

 DeNAの筒香が7試合ぶりの本塁打となる6号ソロを放った。3-0の三回2死から速球を捉えてバックスクリーンへたたき込み「早い段階で追加点を取ることができてうれしい」と喜んだ。【共同】

 高城(濵口とバッテリーを組み)「いろいろな球種を使って何とかしようと思った。勝てて良かった」

 山崎康(連続試合無失点が22で途切れ)「何も気にしていない。チームが勝ったことが一番」

 清田(六回に適時打)「2打席やられていたので何とか打ってやろうと思っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加