■楽しいハンドベル 歌うより好き、中学でも続ける

 北波多小6年の山口想太君はハンドベルグループ「Little Kappa」(リトルかっぱ)の一員です。8人のメンバーの中で一番年下。兄や従妹がやっているのを見て、楽しそうだったので始めました。

 先生は祖母の泉喜保美さん。演奏曲の中で一番好きなのは「パイレーツオブカリビアン」。最初はなかなかうまくいかなかったけど、スムーズに演奏できるようになりました。「毎年の波戸岬合宿は楽しかったけど、長時間の練習はとても苦しかった」と話します。

 好きな教科は理科と算数。バドミントンもやっています。「歌うよりも演奏する方が好き。ハンドベルは中学になっても続けます」。はにかみ屋さんだけどハンドベルの説明をしてくれた時、目がきらきらしていました。

 (地域リポーター・田代惠美子=唐津市相知町)

このエントリーをはてなブックマークに追加