大阪府和泉市の「老木レディスクリニック」で1月、麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産した女性(31)が死亡した問題で、適切な処理をせず女性を死亡させたとして、大阪府警が月内にも、業務上過失致死容疑で院長の男性医師(59)を書類送検する方針を固めたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 無痛分娩を巡っては、京都府京田辺市や神戸市西区の医院などで母子が重い障害を負う事故が相次いで発覚。日本産婦人科医会や厚生労働省が実態把握に乗り出す事態となっているが、医師の刑事責任が問われるのは異例。

 捜査関係者によると、女性は1月上旬に出産した際、背骨の「硬膜外腔(くう)」に局所麻酔の注射を受けた後に容体が急変。呼吸不全で意識不明の状態になり、10日後に低酸素脳症で死亡した。子どもは無事生まれた。

 女性は麻酔が効きすぎて呼吸困難などになった可能性がある。医師は、人工呼吸を十分に続けるなど適切な対応を怠った疑いが持たれている。

 クリニックの代理人弁護士は取材に「人工呼吸も含めて最善を尽くした」と強調。クリニックは現在、無痛分娩を中止している。

 日本産婦人科医会によると、硬膜外腔への局所麻酔は無痛分娩では一般的な方法だが、針が奥にあるくも膜下まで届き、麻酔が効きすぎるなどの事故が起こりうる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加