山内大二会長(前列中央)とサークルの皆さん

 ノルディックウオーキングは2本のポールを持って地面を突きながら歩くエクササイズで、年齢や性別を問わず気軽に楽しめる有酸素運動として人気を集めている。

 唐津市外町公民館の講座を母体にしたサークルで、毎週火曜日、60代の10人が虹の松原、唐津城、松浦川沿いなど気候や体調に合わせてコースを選んで楽しんでいる。春の花見も計画中だ。(地域リポーター・古川ゆかり=唐津市)

■山内 大二会長(69)

 いつも笑いながら歩いています。上半身も使う適度な運動で無理なく楽しむのが一番です。

■吉田 シズ子さん(69)

 ポールを持って歩くことで、肩甲骨が伸びてとても良い。みんなとの古希祝いが楽しみ。

■峯 むつ子さん(67)

 皆さん朗らかでいつも笑ってしゃべって、火曜が楽しみ。忘年会も新年会も盛り上がりました。

■野崎 利正さん(62)

 ストレッチの後、60分から90分歩くと8000歩前後。無理なく、楽しく歩いています。

■岩村 明美さん(67)

 退職後、運動したいと思って参加したら、楽しくてはまりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加