佐賀県内の外国人労働者が初めて4千人を上回る一方、この2年間で少なくとも43人が受け入れ先から失踪していたことが明らかになった。根底にあるのは途上国と日本の所得格差。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加